PIO革命団「ココだけの話」

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌ちゃん(安部滋)

<<   作成日時 : 2011/02/19 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

次回のイベントで共謀する群馬Heart Tree Project(ハートツリー・プロジェクト)の一員の鎌田純男を紹介しよう。

鎌田純男こと鎌ちゃんは木工職人をしている。
http://gunmawood.com/member/index.php?mode=gw&id=5

上記のサイトに書かれているのだけど鎌ちゃんはめずらしいものを持っている。
SOUL TREEだ。
そんなものを持っている人に会ったのは初めてのことで、いろいろと話しを聞いた。
木のこと、周りの風景、におい、家族。
だんだんその木に会ってみたいと思い始めた頃、鎌ちゃんは僕に頼み事をした。
お願いはしてもお願いされることを極力断っている僕なのだけどまんまと引き受けてしまった。

こうしてPCのモニターの前に座っていても雪に閉ざされた森の中、静かにたたずむ鎌ちゃんのSOUL TREEを思い浮かべることが出来る。
鎌ちゃんから幸せを分けてもらった。

PCが置いている机や椅子は木で出来ているのだけど何の木か知らない。
材料を書いてあった気がするのだけどデザインや値段に目がいき全く憶えていない。
当然どこに生えていて、どうやってここに来たのかも分からない。
せっかくの物語を無くしてしまっている。実にもったいない。
物語を手に入れたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分を囲む材料としての木が、どこから来た誰なのか、どんな歴史を持っているのか、どんな場所に生えていたのか、どんな動物がその枝にとまったのか、そこにはどんな風が吹いていたのか、そういうことを想像するのは大変に楽しい、そういうことですよね。
実に楽しいじゃないですか。
ソウルツリーの話を聞いてみたいです。
オーストラリアの森で、マザーツリーを探す仕事をした人の話を聞いたことがあります。その地域の森の最初の一本だった木を見つける仕事、それはすごく立派な公共事業だなぁと思います。
松沢
2011/02/21 00:08
物語を持った家具を受け継いだり、引き継いでもらったりするのも幸福そうです。
ヤフオクのコメント欄にそういう物語が書いてあると楽しいように思います。
アベシゲル
2011/02/21 01:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鎌ちゃん(安部滋) PIO革命団「ココだけの話」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる