PIO革命団「ココだけの話」

アクセスカウンタ

zoom RSS 湘南ソルティーズ その2 分析と毒針と恩返し(安部滋)

<<   作成日時 : 2011/06/08 12:53   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

湘南ソルティーズ第2回目の実釣は小雨となった。

画像


しっとりとした灰色の海も静かでなかなか良い。

魚からの反応も静かと思いきや、いきなり重くなる。
画像

        (1つ105円、5個で498円と書いてある)

姿を見せたのは近所のドラッグストアのアイスクリーム用袋だ。
鹿熊勤さんをまねてゴミの分析を試みる。
袋には破損はなく、カラスにつつかれたような痕跡は確認できない。
しかし、それなりに汚れているのでつい最近のゴミというわけでもなさそうだ。

5月、日差しの強い日曜日、少年少女のグループがアイスを買って海に。
アイスを食べ終え、袋をズボンのポケットに入れる。
遊んでいるうちに携帯が鳴り、携帯を出すときに袋が落ちてしまう。
強い日差しであたためらた海による沖への風がゴミ袋を海へと運んでしまう。
しばらく海を漂った後、ウミガメに食べられることなく上げ潮で海岸に。
岸に近づいたものの払い出しによる流れでまた沖に向かおうとしたところ、鋭利な針に引っ掛かり海から引き上げられた。

少年少女よ、海に行くときはゴミを入れるだけでなく、きれいな貝や、ビーチグラス、真っ白なイルカの骨、海に磨かれた流木など持って帰りたくなるものと出会うことがあるかも知れないので、次からはお気に入りの鞄と一緒に海に行こう。
などと妄想を膨らませながらゴミを鞄に入れる。
ぼくの鞄には釣った魚を持って帰るのに使うビニール袋が入っているのだけれど、ゴミが入ることが殆どだ。
目につくゴミ全てを拾うのはストレスが大きすぎてやらないのだけど、一瞬でも「魚!」とドキッとさせてくれたゴミは持ち帰るようにしている。

今日、僕が釣りをすることで海からゴミ箱へとゴミが1つ移動した。


続いて引っ掛かったのは海藻。

画像


画像

            (気胞がついている)

投げちゃ巻き、投げちゃ巻きを繰り返しているとゴミや海藻でないモノが引っ掛かった。
健気な引きを感じ、巻き上げrると、

画像

小さなヒラメかと思ったら小さいアカエイ。

画像

       (しっぽには毒針、かなり痛いらしい)

新鮮なアカエイはうまいと聞いたのだけどあまりにも小さいので放した。
僕はかえしのない針や、かえしを潰した針を使うのだけど、ばらしたときの言い訳以外にも、危険な生き物をさっと外せる利点もある。

海に帰っていくのアカエイを見て、良いことしたなぁ恩返しにくるかなぁと思ったのだけど僕が一方的にひっかけたのだ。

海に生きるものの寛大な心で許してください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
湘南ソルティーズ その2 分析と毒針と恩返し(安部滋) PIO革命団「ココだけの話」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる