PIO革命団「ココだけの話」

アクセスカウンタ

zoom RSS 獣害とよだれ その1(安部滋)

<<   作成日時 : 2011/09/02 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本エコツーリズムセンターのシンポジウムに参加した。
テーマは「獣害とジビエ」。
真剣な人達が方々から集まった。

画像


PIOスタッフでもある鹿熊勤さんの基調講演からスタート。

画像


続々と興味深い話しが続く。

画像

いろいろなことを知らないことがよく分かった。


イノシシの牙

画像

        (長い方が下あごから生えている牙)

デモンストレーションでイノシシの牙は新聞紙をきれいに切った。

画像

      (上下の牙が擦れるようになっていて常に鋭い)



報告は次々にすすむ。

画像


画像


知識が乏しい上に予習をしてこなかった頭には、よく知らない言葉やたくさん数字に脳みそがついて行けず、実にもったいないことをした。
発表内容をもう一度知ることが出来ると良いのだけど。


獣害とはシカやイノシシなど野生動物が主に農業に与える害のことで被害額は年間60億円に近いそうだ。
60億という全く身近に無い数字で手応えは無いのだけれど、たくさんの人達が困っていることは想像出来る。
友人の小さな畑はシカ食堂になり、花壇はイノシシに掘り返された。
山を歩くとカモシカに樹皮を食べられ立ち枯れたシラビソ林や下草が無くなり崩れる斜面を見ることは珍しくない。
農家の人達は死活問題だと聞く。

想像するだけで実感の薄い僕は、増えているシカやイノシシにとっては生命をまっとうしているだけで害獣呼ばわりされることは納得いかないかも知れない。いや、そんなことは全く気にしていないかも。人の法と自然の法は違うのだろうなぁなどとのんきに考えてしまう。

座り続けて硬くなったおしりをほぐそうと立ち上がると、なにやら良いにおいがする。
となりの部屋をのぞいてみると全国から集められたジビエ商品とジビエ料理の試食準備が進んでいた。

画像


よーく見るといつの間にやら稀代の野生食材料理人登場。

画像




次は胃袋で考えるのだ。




つづく


エコツーリズムセンター
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/symposium110823

鹿熊勤さんのblog
http://kumatsuto6.petit.cc/banana/20110825183741.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
獣害とよだれ その1(安部滋) PIO革命団「ココだけの話」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる