PIO革命団「ココだけの話」

アクセスカウンタ

zoom RSS スラップと小翼羽(しょうよくう)

<<   作成日時 : 2013/08/06 20:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

河川や水田など水辺で見かける大型のサギのアオサギ。
画像



ゆっくり飛んできて水田におりるために減速したと思ったら、翼の角から羽が出てきた。
画像

画像


この小さな羽はなんだろうと気になり、教えてもらったところ、急激な失速を防ぐためのものだとのこと。

・鳥が着地しようと低速になると浮き上がる力が減る。
・浮き上がる力が落ちすぎないように、翼を立てる。が、あまり立てると翼の後ろに空気の渦が出来て失速しすぎてしまう。
・その空気の渦を防ぐためにこの小さな羽根を広げる。

とのことだ。
飛行機も着陸時に、スラットと言われるものを小翼羽のように使用してるそうだ。

詳しい仕組みは理解できていないのだけど、なんども見た鳥にも発見がいっぱい。
あしたものぞくのだ。



Thanks to 大城さん、篠田さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スラップと小翼羽(しょうよくう) PIO革命団「ココだけの話」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる